長編

タオルで体を拭いてあげると、冷たくて気持ちいいのかすごく嬉しそうだ。目を擦って眠たそうにしてる。

更新日:

123 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/13(日) 05:35:56.65 7FyMgNZmO.net
遊び疲れたのか、汗だくで少しグズったのでおにぎりを食べさせた。
風呂に入れないので、公園の蛇口で水を借りた。

タオルで体を拭いてあげると、冷たくて気持ちいいのかすごく嬉しそうだ。

目を擦って眠たそうにしてる。
俺はハルを抱っこして、大きな滑り台の下がトンネルみたいになっていたのでそこに入った。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1405170398/
674 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:37:11.78 LwQCgtEKO.net
すまん昨日はこれなかった。
みんな色々レスありがとう。
変な時間に目が冷めちまったので続きを書いて行きます。
675 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:40:18.99 LwQCgtEKO.net
ハルと過ごす初めてのクリスマス、
小さなツリーにショートケーキにロウソク。

ハル「おたんじょーび?おたんじょーび?」
と言って喜んでいたハル。

クリスマスだけど、ハッピーバースデーの歌を唄ったのを覚えている。

すごい喜んでたよ。本当。

676 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:41:33.71 LwQCgtEKO.net
正月にはサリナの実家やカズエおばさんに挨拶に行った。
カズエおばさんは退院して元気そうだった。

ハル「こににちわ」
義母「こんにちわねw

上手ねーw」
ハルは元気に挨拶出来て誉められてた。
ずっと練習してたんだ。
出来て良かった。

677 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:42:51.54 LwQCgtEKO.net
進級すると、ハルの為に園が個別で一人先生をつけてくれる事になった。
その際には佐々木先生が名乗り出てくれたらしく、担当が佐々木先生になった。

ハルも佐々木先生に懐いてたし、本当に良かった。
で、感謝もした。

休みの日が合えば、佐々木先生の進めで発達障害などのサークルや集会に行くようになった。

色んな問題を抱えた親子さん達が集まり、情報交換をする。
本当に勉強になったし、勇気を貰えて支えにもなった。

678 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:43:55.93 LwQCgtEKO.net
初めて尽くしの一年だったな。

ハルは4歳になった。
いつもと違う道を通ったり、
自分のうまくいかないことがあればすぐ奇声をあげ発狂してたけど、抱きしめてあげて背中をトントン。

先生「ハルちゃんの中ではちゃんとした計画があるの。
それを崩さないように。

コツコツゆっくりでいいのよ」
と児童精神科の先生。

ハルにはハルの中で強いこだわりがあるんだ。
だからこだわりを否定してはいけない。
ハルの気持ちを尊重することが大切なんだ。

679 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:44:54.18 LwQCgtEKO.net
毎日仕事を終わってハルを寝かせたら、少しでも育児に生かせたらと思い専門の本なんかを読んで勉強した。

ハルは耳で聞くより目で見たものを判断する。
だから絵のカードを作って教えてあげたんだ。

俺「電車だよ」
ハル「でんさー?」
俺「そうそう
じゃこれはりんごね」
ハル「じんごー?」
俺「そうそう
賢いねハルは。
上手ーw」
ハル「じょずーw」
悪魔で真似してるだけだけど、それでもうんと褒めてあげるんだ。
ハルはすごく喜んで手をパチパチさせる。

680 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:45:54.01 LwQCgtEKO.net
これをずっと続けていくようにした。

最近は少しずつだけど俺の言葉にちゃんと反応し理解してくれ、ままならない口調で返事してくれるようになったんだ。
すごい進歩だ。

毎週日曜日に行く、日課の散歩のおかげでもあった。
散歩に行くと子供達が良く集まる公園がある。

681 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:47:01.58 LwQCgtEKO.net
ハルは人見知りをしないが、やはりおかしな行動をする。
一緒に遊びたくて近づいてるんだけど、まわりのお父さんお母さんなんかが、気味悪がってわざとハルから遠ざけるんだ。

ただ仲良くしたいだけなんだよな。
少し悲しい気持ちになったけど、それは仕方のないことだと割り切った。
その時に、ハルと良く遊んでくれた女の子がいたんだ。

683 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:48:09.15 LwQCgtEKO.net
まいちゃん。
ハルより二つ上なんだけど、とてもしっかりしてた。
ハルは小さい子のマネをすぐするので、
まいちゃんはすごく頼りになった。

まい「ハルちゃんまいと遊ぼうねw
まいのお菓子半分あげるねー」
って。ハルもまいちゃんにすごく懐いてた。

684 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:49:07.06 LwQCgtEKO.net
毎日悪戦苦闘はしてたけどさ、本当に幸せだった。
我が子の成長を肌で感じながら、自分も成長出来てるみたいで。

1日1日を大切に過ごした。
ハルにとってかけがえのない1日であるよう一生懸命に。

あっという間にハルは5歳になった。

そんなある日、事件は起きた。

685 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:52:27.04 LwQCgtEKO.net
俺「ハルが帰ったってどう言うことですか?」

今日は佐々木先生が風邪で休みってこともあり、臨時で別の先生がハルについていた。

先生「ハルちゃんお母さんが迎えに来ましたよ。」

1時間も前に帰ったとのこと。
サリナが?
心拍数が上がる。
俺はすぐ携帯で義母に連絡した。

686 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:54:09.05 LwQCgtEKO.net
俺「ハルが保育園にいないんす。

もう帰ったと言われました。
サリナだと思う。
連絡ありませんでしたか?」

半年前からサリナの携帯番号が変わっていた。
そのせいでこちらから連絡は出来ない。

687 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 04:55:15.10 LwQCgtEKO.net
義母「あの子から連絡ないわよ。

わたしも探すわね。すぐお父さんにも連絡いれる」

俺「すんません。
助かります。

俺も心あたりのある場所を探しますんで」

何故今。
何故このタイミングなんだろう。
俺はサリナが行きそうな場所を探した。
前住んでいたアパート。公園。スーパー。
不安が募る。

688 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:00:00.63 LwQCgtEKO.net
もしかしてもうこの街にはいないかもしれない。
ハルにもう会えない。

最悪の状況が頭をよぎる。
俺はその不安を振り祓うように探し続けた。

サリナがいなくなって2年が経つ。

ハルを返してくれ。
そして、
サリナに会ってもう一度話したい。

サリナも人の親なんだ。
ハルを置いていなくったとは言え、こうしてまた会いにきた。
きっと思うところもある。

複雑な気持ちが入り交じる中、俺は駅やショッピングモールなんかを虱潰しに探した。

689 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:02:59.78 LwQCgtEKO.net
途方に暮れる俺。

いつかこんな日がくるかも。
そう心の中で少しは思ってたじゃないか。
でもこんなに早くその日がくるなんて。

サリナ「ハルが大きくなったら、また3人でこようね?w」
昔のサリナの言葉を思い出した。

690 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:05:12.83 LwQCgtEKO.net
春は桜が満開。
秋は紅葉で彩る。
地域にある記念公園。
あそこかもしれない。

時間が経ちすぎてあたりは暗くなっていた。
最後の希望はそこしかない。と、そう思い夢中で走った。

691 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:07:16.02 LwQCgtEKO.net
俺「ハァ…

ハァハァ…」
汗だくで酸欠状態だ。

ギィーコ…ギィーコ。
「キャハハハハw
キャハハハハw」
ハルの笑い声が聞こえる。

街灯に照らされた二人の姿を見つけた。
ブランコに乗るハル。
それを押していたのはサリナだ。

693 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:08:53.26 LwQCgtEKO.net
俺「ハァ…ハァ…」
ゆっくりと近づく俺。

サリナ「久しぶり。」
そこには優しい笑顔でハルと遊ぶお母親の姿があった。
俺に気付いたサリナはすごく冷静だった。

俺「ハァ…
もう…会えないかと思った…ハァ
ハルにも…お前にも…ハァハァ」

サリナ「ハル、随分大きくなったね。

本当に大きくなった。」
サリナはハルの頭を撫でながら俺とは目を合わせない。

694 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:10:27.28 LwQCgtEKO.net
ハル「パパァー」
ハルが俺に気付いて笑顔で走り寄ってきた。

俺は、またハルをこの手で抱きしめれた事に少し安心した。

俺「ずっと…
ずっと待ってた…

お前ともう一度会って話したかった…
あの日記ですごく救われたんだ…」

695 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:13:02.97 LwQCgtEKO.net
ハルが自閉症だと診断を受けてすぐ、佐々木先生からサリナが毎日日記をつけていた事を教えてもらった。

俺は前のアパートにそれを取りに行ったんだ。
家財は全てなくなっていたんだけど、大家さんが処分に困っていたと、日記や母子手帳なんかを入れた箱をとっておいてくれたんだ。

696 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:14:17.66 LwQCgtEKO.net
その日記には、
ハルが産まれてサリナがいなくなる一週間前までが記されていた。

そこには、俺の知らないハルの成長と、サリナの気持ちがたくさん書かれていた。

ハルが離乳食を食べた日。
ハイハイからつかまり立ちをした日。
健康診断にひっかかた日。
自閉症の疑いがあると告げられた日。

俺が会社をクビになったこと。
俺が帰らなくてなったこと。
連絡すらとれなくなったことまで全部だ。

697 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:16:15.44 LwQCgtEKO.net
でもその日記には、喜びや不安は書いてあったけど、微塵も不満や嫌みは書いてなかった。
そこには優しくてたくましい、ただ息子を愛する母親の姿を感じた。

なのにだ。
なのに何故ハルを置いていったのか。

ずっと疑問だった。

698 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:18:59.98 LwQCgtEKO.net
申し訳ないが今日はここまで。
続き今日書けたら書きます。

後書く必要はないかもなんだけど、
ハルは道路の白線をずっと睨み付け行き来したり、戸を開け閉めするのが好きだったよ。
電気を付けたり消したりね。
後はつま先だけで走ったり気になった物があれば、ずっとそれとにらめっこしてたり。

700 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:20:26.48 LwQCgtEKO.net
散歩が好きだったから、2時間3時間歩くのは当たり前だったな。
こだわりの強い子だったのに俺がその時は気づかなかった。
それが普通の子供だと思ってたし。
結構クセはあったけどそこは端折らしてもらったよ。

最初は思い出したかったのと整理したかったってので書き始めたんだよ。
後誰かに聞いて欲しかったってのもある。

今はこうやって見てくれて共感してくれる人もいて、また親になってる人も見てくれてて。
本当に感謝。
だから最後まで書こうと思ってる。

703 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:23:05.22 LwQCgtEKO.net
生意気言うが、
あったことを思い出して書いてるんだが、多少美化してるところは否定しない。

後は実話かどうかってのは個人で判断してくれ。

707 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/07/20(日) 05:49:39.11 LwQCgtEKO.net
みんなありがとう。
またきます
709 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 06:35:30.45 1Ln/9C2I0.net
読んでるぞ
続き楽しみにしてるよ

-長編

Copyright© 子育ては大変だけど楽しい! , 2020 All Rights Reserved.